求人情報TOP

ただの食品卸しではない。
松本だからこそできる仕事がある。

料亭で出されるたった一品の料理。それがお客様の元に届くまでには、たくさんの人が携わっています。株式会社松本は、日本の美しい料理、繊細な味を支える食品の卸し会社です。しかし、ただの食品の卸しでは終わらない。このページでは、そんな松本の魅力や仕事についてお伝えします。


01 商品開発もする卸会社

02 松本のこれまで

03 松本の思いと日常

04 工場を持たない食品工場(ファブレス fabless)を目指す

05 これからの松本 まずは「農家プロジェクト」

06 働く先輩社員の声

07 勤務条件

08 採用までの流れ


 

01 商品開発もする卸会社

「食品の卸し」と一口で言っても、様々な業態があります。大きな違いは、食品を卸す先が異なることです。例えば、農家や漁師や市場などから買い取った農作物や水産物をスーパーへそのまま卸す業態(A)、工場に卸す業態(B)、はたまた大手チェーン食品会社に卸す業態(C)もあります。

▲(A)(B)(C)の卸し業態

そして私たちは、農家や漁師や市場などから買い取った一番品質の良い農作物を料亭やホテル・レストランなど特に食にこだわっているところへお届けしている卸しです(D)


▲(D)松本の卸し業態

料亭やホテル・レストランなどをお客さんとする卸しの中でも、松本は2つのポイントで他社と違います。1つめは、料亭や旅館の料理長と試行錯誤しながら一緒に料理を考えている点です。つまり、1つの料理の企画から商品開発までも行います。
一般的な卸し会社では、例えばトマトを注文されればそれを届け、置いて帰るだけが多いです。しかし、松本では料理長がどんな料理にしたいのか?それはなぜか?そのためにはどうすれば良いか?そして見せ方までを一緒に考え、時には提案しています。

▲料理人と打ち合わせをする松本社長

2つめのポイントは、県内外各地にある食品工場とのネットワークです。松本は、自社では食品加工場を持っていません。しかし、どの工場でどんな加工ができるかを把握しています。そのため、料理長が作りたい料理に合わせて一次加工を行ったり商品開発をすることができます。

私たちは、食品の卸しでありながらも商品の企画から提案、開発まで行うそんな会社です。

 

02 松本のこれまで

1958年、1代目社長(現社長の父)により松本は創業しました。終戦後、川魚やお酒のつまみ、珍味(コノワタやウニ・カラスミ)などを販売していました。今よりは競合も少なく、自社で持っていた養魚所は当時日本海側で一番の規模を誇りました。

それから20年。2代目の現社長に引き継がれ、変革がはじまります。創業当時とは時代も変わり、競合も増えていました。「食材を右から左へ流すだけでは、いずれ価格競争から大手に負ける。そうではない、松本だからこそできる仕事をしていきたい」と方向転換をはじめることになります。

はじめに行ったことは、食材の中でも「一番品質の良いものだけ」を卸すことです。良いものだけを卸すには、それまでとやり方が違ってきます。営業にも努力がいりますし、何が良い商品なのかの勉強も必要です。「食材を右から左へ流す」これまでのやり方に慣れていた社員が、ごっそり辞めていくこともありました。


▲くり1つとってもこの大きさ

しかし、「一番品質の良いものだけ」を貫き、松本でしかできない卸しを目指し続けました。その結果、顧客リストには名のある料亭、石川県内では「ミシュラン」の星を獲得した店の75%がお得意様となりました。

 

03 松本の思いと日常

「おはようございます!!」「おはようー!!」活気溢れる松本の朝は、お客さんとの雑談からはじまります。

▲「今日の注文はね、・・・・」

朝7時過ぎ、お店が開店すると板前さんやシェフが集まってきます。「おはよう!暑いな~、コーヒーちょうだい?」
時には「今日はいい魚が全然なかったヮ~。おすすめ何かない?」とお店に入ってきて、スタッフとの会話が始まるのです。

▲接客中

「もっと香りでるやつはないの?」「平たい“ ゆば ”はあるけ?」「今、◯◯を出そうか迷っていて…」など雑談の中で、新商品があれば紹介し、また情報交換したり世間話をしたりして関係性を築きます。そして、もちろん注文もいただきます。

▲(右)料理人(左2人)スタッフ 注文を伺う様子

気が付くと、いつの間にか店のあちこちで自然発生的にお客様同士の情報交換のコミュニティがはじまっているのです。お客様とスタッフのコミュニケーション。そして松本を媒介にしてのお客様同士の信頼のコミュニティ。この二つの風景が成り立つのが、実はすごいことなのです。

▲(左)料理人(右)松本社長 雑談する様子
▲いつのまにかお客様同士の打ち合わせが・・・

卸し会社にとって、板前さんやシェフはお客さんで注文をしてくれる立場にあります。板前さんやシェフの注文があるかないかで会社の売上が傾くこともあります。そのため、卸し会社の中には彼らのご機嫌取りをする場合も少なからずあります。

▲人が集まる店内

しかし、松本では板前さんもシェフも食品を卸す松本も対等な立場です。お互いの信頼関係があるからこそ、本音で商品のことを話したり、料理について議論することができます。それはお客様同士の会話の中でも引き継がれています。刺激しあい、お互いがお互いを高めあう関係になっているのです。

▲海外からのお客さんと松本社長

 

「お客さんとのコミュニケーション量が他とは違う」

そう語るのは、入社5年目のえりかさん。えりかさんは、1年目料亭の仲居さんとして修行をしていました。料亭も業界全体として人手不足が深刻になっています。そのため、小芋の皮を剥くのを外注したり、魚の水洗いをたのんだり、一次加工品を使うところもあります。しかし、そういった物を卸している会社は商品をお届けして終わり。けれど、松本は商品をお届けもするし、そこから提案もする。お客さんと話す時間が長いのが特徴だと言い切ります。


▲会社について語るえりかさん

お客さんのコーヒータイムが終わり、ひと段落すれば午後から配達がスタート。注文を受けていたお客さんへ商品を届けます。「前菜でパリっとした食感のものを探しているんやけど・・・」「〜的な商品はできないか?」など、板前さんやシェフから配達の際にも調理場の現状を伺い、ここでの話から商品開発に繋がることもあります。

▲ピックング作業

また、大事にしているのは「お客さんが求めるもの以上を提案すること」です。◯◯な商品が欲しいと言われれば、それその物を持っていくのではなく、お客さんが求めているのは△△ではないか?と自分で仮説を立てお届けすることもあります。

「そう!それが欲しかった!」とお客さんに言っていただけること。卸し会社でありながらも、お客さんのパートナーとして仕事をできる瞬間が一番のやりがいです。

 

04 工場を持たない食品工場(ファブレス fabless)を目指す

私たちは卸し会社でありながらこれまでに、全国70ヶ所以上の食品工場と連携して商品開発をしてきました。他社と大きく違うのは、お客様の希望によって、農家や漁師、海女さんなどの生産者から食品工場までを一貫して提案し、お客様と一緒に美味しい商品を作り上げてきました。

▲農家との打ち合わせの様子

またいろいろな食品のプロデュースも行っています。例えば、金沢駅の百番街「あんと」や県内のお土産屋さんに置いてある、若い女性観光客に人気の 「甘えびせんべい」 や 「五郎島金時スイートポテト」 、お弁当や手土産にもできる「鰤のプロシュートの笹寿し」は私達がお手伝いをさせていただいた商品です。

松本は自社では食品工場を持っていません。しかし、多くの協力できる工場があるからこそ、その時々に適した商品をスピーディーに創りあげることができるのです。だから食品工場と信頼関係を築くことも大切な仕事になります。

*ファブレスとは、”工場を所有せずに製造業としての活動を行う企業を指す造語およびビジネスモデルです。
“ファブレスという業態は製造業として分類される”ものの、日本銀行調査統計局は『ファブレスメーカー(卸売りを主にするもの)』を卸売業かその他サービスとして分類しています。また、総務省の日本標準産業分類でも卸売業に分類されています。

松本には一緒に働く加工場にも3つの選定基準があります。

1つめ:お客さんへ良い商品をお届けしたいという思いで作っているか、
2つめ:工場のスタッフを認めて大事にしているか、
3つめ:新しいことにもチャレンジする心があるかです。

▲食品工場の人との打ち合わせの様子

「心が通じ合っていない人と仕事をしていても楽しくない」

と語る松本社長。お客さんである板前さんやシェフはもちろん、素材を加工する工場の人とも信頼関係を築いています。松本は、これからも工場を持たずお客さんとの連携により商品を創っていきます。

▲想いを語る松本社長

 

<松本の3つの数字>

 

05 これからの松本 まずは「農家プロジェクト」

板前さんやシェフとのやりとり以外にも、実際に農家さんや漁師さんを訪ね農作物や水産物を自分の目で見ることもあります。その延長線上にあり、私たちがこれから特に力をいれていきたい事業のひとつが「農家プロジェクト」です。

「農家プロジェクト」を一言で言うと、農家さんの農作物を当社と一緒にアイデアを出し合い、新しい価値を創造して商品化を目指すプロジェクトです。結果として、農家が丹精を込めて作ったけれど形や色が悪く規格外になった農作物も利用して商品化したり、農家さんの思いを汲み取り六次産業化の支援が出来るように目指しています。

小さい会社だからこそ、フットワークも軽く、臨機応変にすばやく対応できるのが強みです。

▲農家と打ち合わせをする松本社長

農家の中には、地域や環境、次世代のことを第一に考え採算ギリギリでも頑張っている人がたくさんいます。

例えば、れんこん農家の東さん。彼はもともと農薬を使ってれんこんを栽培していました。しかし朝、畑に出て大量の虫が水面に死んで浮いているのを見て「子供にも安心して食べさせられるものを作りたい」と無農薬に切り替えることを決意しました。

▲れんこん農家の東さん(中央)松本の社員とインターン生(両脇)

そんな思いを持っている農家と仕事をしていきたい。また、良い商品を作っているけれど市場では評価されていないものや、規格の制限から販売をできていないものを世に出したい。お客さんにたくさんの料亭や旅館を持ち、思いのある工場との繋がりがあるからこそできる事業を進めていきたいと思っています。

現在は、この事業を本格的に進めるため県内各地の農家へ、どんな想いやこだわりで商品を作っているのか、連携していけるところはないかなど1件、1件お話を伺っている段階です。

一般的に農家の方は「とりあえず、余った作物やB級品は、商品化したらいい!」との考え方が主流です。だから六次産業化はうまくいかないのです。「目の前にあるものを何とかしたい。」ではなく、成功のためには作った農作物に対する思いが必要なのです。わたしの友達の五郎島金時農家のかわにさんは、「五郎島金時大好き!」「五郎島金時を世界に広めたい!」と常に公言しています。この思いが商品を創りあげるのです。

私たちは、農家の方と「共に考え、共に悩み、共に進みたい」のです。

いま一歩突っ込めば、

「友に考え、友に悩み、友に進みたいのです。」

例えば、金沢と富山との境界の中山間地で作られているトマトの味が農家同士の間で美味いとの評判を聞けば、

▲目で見て、感じて、舌で確認します

実際に農地を訪れ彼の思いを聞き、私たちの独善的な味覚だけではなく、当社のお客様の調理師たちの第三者のプロの舌に評価してもらいます。

▲トマトを食べる料理人達

例えば、金沢近郊で無農薬のブルーベリー栽培を手掛けている農場から支援の要請があれば、ブルーベリーにいかに付加価値を付けられるのか、通年の販売にするには、を考え「ブルーベリー甘酒」を作り上げましたが、その出来上がりの評価は当社のお客様の調理師たちのプロの舌にゆだね、改善点があれば指摘してもらうのです。

▲ブルーベリー農園

こうしたチェックを行い、農家と調理師たちとの試行錯誤の末、新しい商品が出来上がるシステムをもっているのが当社の強みです。

農家とのお話を、思いを、伺いながらも関係性を築き、相談したい!商品開発に興味がある、と思ったとき私たちを思い出してもらえることがこのプロジェクトのキモでもあります。顔の見える関係で、一緒に仕事をしていけるのも魅力の一つです。
そして、この事業は農家も流通業者も料亭や旅館にとってもメリットのある三方よしのものです。株式会社松本でしかできないこと、関わる人が皆幸せになれるような仕事を一緒に作っていきませんか?

そして農家プロジェクトの次は、あなたが主役となる「水産物プロジェクト」かもしれません。

▲金時草を練り込んだ手打ち金時草うどん

 

06 働く先輩社員の声

VOICE

大学を卒業して新卒で松本に入りました。お客様と一緒に金沢おでんの新ネタを考えて、出来上がった商品を見た時には涙が出ました。金沢に訪れた人が毎日これを召し上がって喜んでいただいていると思うとうれしくてうれしくて。今日もがんばるぞ~!!て思えます。同期で入った女子社員がこの秋に寿退社してちょっと寂しくなっています。ぼくの春はいつだろうかって。

 

VOICE

お客さんから「ありがとう!」と言われたくて、そのために相手の気持ちを考えながら仕事をしています。北陸三県の結婚式場のお客さんが担当ですが、ついこの間(笑)、私も式を挙げたので新婦さんの気持ちがすごくよくわかるんですよ~。私の提案した商品が採用されて二人の門出を祝えるなんてこんな幸せなことはありません。「お幸せに~!」って思わず叫びたくなってしまいます。

 

VOICE

実践型インターンシップの説明会で社長に初めて会いました。第一印象は楽しそうな人だな~。って。ブースは参加者全員が訪れるなど大人気で、その流れでなんとなく乗せられて今日まで来ちゃいました。私が実践している「農家プロジェクト」はまだまだ続くので、このあと引き継いでやってくれる人が来ないかな~。

▲朝のミーティングの様子
▲松本が創った商品

ここまで読んでくださった方が少しでも、食品の商品開発をしたい、美味しい料理を支える仕事がしたい、自分だからこそ任される仕事がしたいと思っていただけたら幸いです。

私たちの仕事は簡単ではありません。しかし、地域やお客さんの力となれるやりがいのある仕事です。簡単ではないからこそ、最初のうちは社長や社員の同行など学びの機会も設けています。興味を持つきっかけは人それぞれです。随時会社見学も行なっているのでお気軽にご連絡ください!

《 ご相談 / お問い合わせ先 》

電 話 :076-232-2355

メール :oishi@matumoto.co.jp

社長FB  :https://www.facebook.com/oishimise

 

つなぐ、つなげる、寄り添いたい

私たちの思いです。

*「つなぐ」は、自分が主導権を持ち、自分の手で接続作業を行う場合

「つなげる」は、結びつきの無い、第三者と第三者を結びつける仲介業者

 

07 勤務条件

 

募集職種 営業職
期待する成果 ①石川県を中心とした料亭への営業と食品の販売、②お客様のニーズを汲んだ、商品の企画から開発までを行うこと
求める人物像 ①人と話すことが好きな方、②食に興味がある方
得られる経験 ①商品の企画から開発までに携われる、②お客様のニーズを汲み商品を紹介する提案力が鍛えられる ※その他、個人の努力次第です
採用予定人数 若干名
応募資格 高校卒業以上 30歳以下(例外事由3号のイ)  /  要普通免許(AT限定可)
給与 月給20万5678円(一律手当3万7875円含む)
勤務地 石川県 金沢市 下近江町17 株式会社松本  /  金沢駅より徒歩15分  /  最寄りバス停「武蔵ヶ辻・近江町市場」より徒歩2分
勤務時間 午前8時~午後17時
福利厚生 各種社会保険完備(労災、雇用、厚生年金、健康) /  産休育休制度有
休日・休暇 日曜、祝日  /  金沢中央市場の休みの水曜日(月に2回程度)/  有給、夏期、年末年始、慶弔休暇(結婚、出産などで最大5日支給) /  年間休日103日
会社HP https://matumoto.co.jp/
連絡先 電話:076-232-2355 メール:oishi@matumoto.co.jp
インターン生募集 実践型インターン生も随時募集しています。過去のプロジェクト>>https://goo.gl/K8KqgN 2019年2月以降は商品開発のインターン生も募集予定です。
その他 詳細についてはお問い合わせください

 

08 採用までの流れ

<エントリーまで>

■「採用担当の方おられますか?」と、電話でのご連絡でもOKです。

すり合わせの上に随時、面接を行います。

■ ページ下のエントリーフォームでもOKです。

必要事項を入力後、「送信確認」ボタンをクリックしてください。
応募内容を確認後、弊社担当より、ご連絡させていただきます。

米 お問合わせ後、3営業日(年末年始・祝日除く)を過ぎても連絡がない場合は、大変お手数ですが念のため「㈱松本」までお電話などでお問合わせください。

◆ お電話やFAXでのお問い合わせ

株式会社 松本
TEL:076-232-2355
FAX:076-232-2356
メール:oishi@matumoto.co.jp
※お電話でお問合せは、番号をお確かめの上お間違いのないよう、お願い致します。

<採用までの流れ:応募・書類選考から面接>

【応募】

1. エントリー・フォームに入力しての応募の場合は、 折り返し採用担当者よりメールでご連絡をさしあげます。

2. その後、履歴書を送付をお願いいたします。

履歴書受取後、書類選考を行います。

3. 弊社より書類選考の結果をご連絡いたします。

履歴書受取後、書類選考を行います。
合格者には面接の日程調節のためのご連絡をさしあげます。

【面接】

1. 面接は当社・本社にて実施します。
※当社までの旅費(交通費・宿泊費)は各自ご負担ください。

2. 面接終了後、後日弊社から採用の可否についてのご連絡をいたします。

お問合せはこのフォームから

このフォームには送信確認画面がありません。
このまま送信していいですか?
はい。送信します。

自動返信メールが届きますので、@matumoto.co.jpからのメールを受信できるようにしておいてください。

 

株式会社松本

〒920-0904 石川県金沢市下近江町17

TEL.076-232-2355 FAX.076-232-2356

MAIL.oishi@matumoto.co.jp